萬寿鏡(マスカガミ)甕覗(かめのぞき)特別本醸造原酒1.8L 口コミ・レビュー

萬寿鏡(マスカガミ)甕覗(かめのぞき)特別本醸造原酒1.8L
価格: 5,500円

⇒ 口コミ・レビューはこちら
⇒ 販売ページはこちら

甕(かめ)は陶器、    柄杓(ひしゃく)はプラスチック製です。 甕(かめ)は陶器、    柄杓(ひしゃく)はプラスチック製です。 みんなでワイワイと・・・楽しく・・・ 大切なお客様との一献に・・・ やはり畳の部屋に”でん”と座り、 大き目の「ぐいのみ」で・・・     会話も弾みます! 最後の方はやはり、・・・・ 覗き込んでしまうんです・・・ まさにそのまんまです!『甕覗き』 濃厚でまろやかな特別本醸造です!平均精米歩合56%の品質 弊社では全酒米の平均精米歩合が56%と、 圧倒的な高精白によるコストパフォーマンスを自負しています。 理由は米を磨けば磨くほど旨味のある飲み易い酒になるからです。 なぜ米をたくさん磨くと旨味のある飲み易い酒になるのでしょうか。 それは酒の味を旨くするデンプン質が、米の中心部になるほどピュアに存在するからです。 逆に米の外側には、酒の味を雑にする成分が多く存在しているので、低精白のお米で作った酒は雑味のある飲みにくい味になります。 この道理を曲げて、旨くて飲み易い酒は造られないのです。 毎日楽しむ普通酒こそトップクラスに 良質な酒を醸すために、米を惜し気もなく磨くこと、 弊社では、この理屈を曲げて良い酒は造れないと考えています。 その表れとして、弊社で一番低価格な普通酒の製品「清酒 萬寿鏡」でも精米歩合60%(米の外側の40%を磨くこと)としています。全国的にも高品質で知られる、酒どころ新潟県内でも、定番酒の精米歩合をせいぜい65%としている蔵元が多い中で、平均以上の良酒造りを心がけていると自負しています。定番酒にこそ酒蔵の誠意があらわれるものです。 自家栽培米 新潟県産「越淡麗」新潟県の酒造組合が事業として掲げている酒米「越淡麗」の栽培にも平成18年より取り組み、現在、自家栽培田を10反有する他、地元農家とも契約を結び20反以上の栽培に着手しています。それによりこれまで吟醸仕込みなどで長年使用してきた兵庫県産の酒米「山田錦」の使用を取りやめ、 オール新潟県産米での酒造りが可能となりました。 遊び心のある個性的な商品づくり 弊社のある新潟県加茂市は、新津丘陵の南側に位置し、東に粟ヶ岳、西には弥彦山を眺望できる風光明媚な地であり、古くから木工製品、とりわけ桐ダンスの産地として全国に知られています。また、歴史ある青海神社を中心に栄えた美しい町並みは、北越の小京都としても知られ、町の中心を流れる加茂川は、青海神社のある加茂山公園とともに市民に親しまれています。 弊社は、そんな加茂川のほとりに立地し、明治25年(1892年)の創業以来、120年余にわたり酒造業を営み、現在の社長で五代目となります。「萬寿鏡」という銘柄は、万葉集などの和歌に由来しますが、創業当時、所轄の税務署長が、おめでたい文字を当てて命名してくださったと聞いています。 弊社では定番酒から、淡麗で旨みのある高い品質の酒づくりに取り組む一方、「甕覗」をはじめとする、遊び心のある個性的な商品づくりを心がけています。 萬寿鏡(ますかがみ)甕覗(かめのぞき) 清酒『甕覗』は酒蔵の奥深くで特と熟成させた酒を小甕に満たし それを柄杓で汲むという茶の湯の所作を模してなどなど 新趣向を凝らしたもの…ほんのりと甘さ漂うスッキリ旨口タイプ。 多治見焼きの一升甕に特別本醸造が詰めてあり、 添付してある柄杓でお酒を汲んで飲むという趣深い一品。 高精白による圧倒的なコストパフォーマンスを自負しています。 米を磨けば磨くほど旨みのある飲みやすい酒になるからです。 平均精米歩合56%と、吟醸酒なみに磨いた米で醸し、 華やかさはないが、それだけに飲み飽きしない。 辛口の玄人好みの酒です。飲み方  冷、常温、ぬる燗。    本来の甕覗(かめのぞき)とは・・・    日本画や着物などで伝統的に使われる色の名前    極めて淡い藍色のことで、最も薄い藍染です。    (イメージ的にはこんな色です)    甕覗は、藍甕に布をほんの少し浸しただけ、    あるいは甕をちょっと覗いただけという意味です。    また甕に張られてた水面に映った空の色を人が    覗き見た色などという意味もあり、    遊び心のある呼び名です。           成分表 ■使用米   掛米 五百万石 60%          麹米 雪の精   55% ■アルコール 17?18% ■日本酒度  +4 ■酸度     1.6 この酒は我が社甕詰品シリーズのうち、最初のオリジナル品です。 酒が一升甕に詰めてあり、添付してある柄杓で汲んで飲む嗜好の品です。 徳利や瓶から注いで飲む文化から、柄杓で汲んで飲む文化への啓蒙的かつ革命的な品と自負しています。 ただいまベストセラー継続中。 飲み方 常温  酒蔵主人 敬白 この『甕覗』は酒蔵の奥深くで特と熟成させた酒を 小甕に満たしそれを柄杓で汲むという 茶の湯の所作を模して・・・などなど・・・ 新趣向を凝らしたもの…                      酒蔵主人 敬白

販売元:楽天市場 新潟の地酒・特産 日本酒の長田屋

おすすめ
日本酒を安く買う!通販情報
タイトルとURLをコピーしました