富久錦 純米原酒Fu. 500ml 口コミ・レビュー

富久錦 純米原酒Fu. 500ml
価格: 964円

⇒ 口コミ・レビューはこちら
⇒ 販売ページはこちら

商品名 富久錦 純米原酒Fu. 500ml 商品名読み ふくにしき じゅんまいげんしゅ ふ 製造元 富久錦株式会社 販売に関するお知らせ ご注文前にご確認ください。 送料に関して 北海道 別途350円、沖縄 別途3,200円 離島は地域により実費費用が加算されます。追加で発生する送料はご注文後メールでご案内いたします。 配送業者・日時指定に関して 商品は佐川急便・またはヤマト運輸で出荷します。お届けの日時指定が可能です。(予約販売等で指定を受けられないこともありますので、販売情報をご確認ください。) 商品の出荷・同梱に関して 商品は製造元からの出荷となります。同製造元の商品を除き、他商品との同梱はできません。 出荷元タイプが違う商品との同梱に関しましては、メール・電話にてお問い合わせください。 お届けまでの目安 予約品の場合、出荷予定日を記載しておりますため、出荷予定日以降の発送となります。お届け希望日時のご指定をされる場合は、予定をご確認ください。 予約品以外の商品については、3営業日以内の出荷を行っております。商品により、販売ページ上の在庫の誤差等の理由で、出荷が遅れてしまうことがありますが、その場合、事前にご連絡させていただきます。商品名 富久錦 純米原酒Fu. 500ml 商品名読み ふくにしき じゅんまいげんしゅ ふ 製造元 富久錦株式会社 蔵元所在地 兵庫県加西市三口町1048 原料米 キヌヒカリ(加西市産) 使用酵母 – 精米歩合 65% 日本酒度 -60 アミノ酸度 1.2 アルコール度 8.0度 酸度 5.5 種類(造り) 純米(原酒) 保存方法 冷暗所 -蔵元の紹介- 醸造元の「富久錦」は、天保10年(1839)創業の蔵元です。酒銘は、めでたいふく(富久)、蔵の四季で最も美しい秋の紅葉から錦から命名されました。戦後の米不足から醸造アルコールを添加した酒が広まりましたが、その昔、酒は米と水だけで造った純米酒が主流でした。富久錦が純粋な酒を追及して、たどり着いた先はこの「本来の酒」でした。 それから、「よい食品を作る会」の加盟、より純粋で真実の酒造りを行いたいという願いから、平成4年より全量純米酒による酒造りをはじめました。また、原料に使う米にもこだわりを持ち、平成7年より地元(加西)の米を使用しています。原料米は、「山田錦」「日本晴」などの地元米だけに限定し、地元の米・水・人による酒造りを貫いています。 「人と自然の調和」という信念のもと、品質にこだわり、平成9年より無化学肥料栽培の米を年々増やし、現在では原料米の6割が特別栽培米です。 -商品の特徴- 「純米原酒Fu.」は、ほんのり甘いお米から生まれた新しい味わいの不思議なお酒です。 ボトルデザインも個性的な純米原酒「Fu.」は、 お米だけで造られた純米酒。 果物のような味と香りは、お米を原料として自然醗酵で引き出されたものです。 アルコール度数が8度と通常の日本酒よりも低いので、 アルコールの苦手な方でも飲みやすくなっています。 これまで日本酒は苦手と感じている方、お酒をあまり飲まれない方にも自信を持ってお勧めする、 個性派の純米酒です。ラベルもおしゃれですので、プレゼントとしてもオススメです。 -味わいの特徴- 「えっ!これが日本酒?」 「ワインみたいな飲み口!」 当店のお客様、スタッフにも隠れたファンの多い、デザートな日本酒「富久錦 純米原酒 Fu.」! 果実のような甘味のあるお酒ですが、 果汁などは一切加えず、お米由来の味わいだけで生まれた自然の味。 低アルコールの白ワインのような飲み口が特徴。 まずは、一口飲んでみてください。 お米だけで造られているのに香り、風味も甘くてフルーティー! アルコール度は8度とかなり低めで飲みやすく、甘辛を表す日本酒度はマイナス60度! 一般的な日本酒が-2?+2となるので、その数字だけでもかなり甘口のお酒と言う事がわかります。 さらに、酸度も大変高いので、甘酸っぱい柑橘類、グレープフルーツに似た風味を感じられると思います。 お米だけで造っているのに、飲んだ後の感覚はまるで甘口の白ワイン! これが「純米原酒 Fu.」の魅力。 これだけの味わいを、日本酒造りで培った自然発酵の力だけで作り出すのですから、 お米ともろみ、酵母の力はすごいものだと感心してしまいます。 飲み頃温度はお好みに合わせて、どの温度でもバッチリ応えます! 冷やでスッキリ甘く、温めると甘味がふわーっと大きくふくらみます。 料理と合わせるなら食前酒として。甘くまろやかな酸味が食欲を誘います。

販売元:楽天市場 日本酒博物館

おすすめ
日本酒を安く買う!通販情報
タイトルとURLをコピーしました