司牡丹 船中八策 純米1.8L 口コミ・レビュー

司牡丹 船中八策 純米1.8L
価格: 3,080円

⇒ 口コミ・レビューはこちら
⇒ 販売ページはこちら

ギフト対応について 土佐の超辛口。知っちゅう? 酒名は、坂本竜馬が明治維新のあり方について 船中にて考え出した策に由来しています。 酒豪の多い土佐らしい超辛口でありながら、 その味わいは、極めてなめらかに口中に膨らんで行きます。 スッキリとして飲みやすく ほど良い香りと上品にまとまった味わいで サラリとした切れの良さが光るお酒です。 杯を重ねるごとに旨さを増して行くと申しますか、 飲んだ後の余韻に力強さがあります。 いくら飲んでも飲み飽きしない・・・ どんな料理でも合わせやすい・・・ そんなお酒です。 食中酒としてオススメします。 また、 菱形のラベル、漆黒の地に蛍光色の朱文字はとても奇抜ですが、 発売以来二十数年以上経っても決して色あせないところに 土佐の心意気を感じます。 ◆日本酒度 :+8 ◆酸度 :1.4 ◆アルコール度:15.5% ◆産地:[高知県]高岡郡 ◆容量:1.8L 山田錦と北錦を60%精米して協会9号酵母で仕込みます。 720ML詰は こちら を  坂本龍馬と最も縁の深い酒蔵。 司牡丹酒造さんのルーツは慶長8年(1603)とされていますが、高知県高岡郡佐川町に数件あった酒造家が、大正7年に合併して会社設立に至りました。品質の向上には並々ならぬ努力を重ね、ほぼ全品の麹米・酒母米に山田錦を使用しています。酒質は全般的にスッキリとした辛口で、まろやかな旨味を備えた本格派のお酒ですし、酒豪が多い土佐を代表するお酒です。蔵元さんは写真上のギャラリーを併設しています。(写真右下)   ▲土佐の辛口酒には、豪快な『皿鉢(さわち)料理』がよく似合います。▲   鰹のタタキ   のれそれ 春に黒潮にのって餌を追って北上する初かつおは、味がサッパリしているので刺身に向いています。秋に三陸沖から南下する戻りかつおは、脂がのっているので皮目を炭火で焼いたたたき に向いています。   「のれそれ」・・・何それ? なんてオヤジギャグは別として「のれそれ」とはアナゴの稚魚のことで春先が旬です。高知の名物でこれがまた司牡丹と合わせると絶品です。 ⇒このページTOPへ▲つかさぼたん  せんちゅうはっさく

販売元:楽天市場 かのや本店?醸造は芸術

おすすめ
日本酒を安く買う!通販情報
タイトルとURLをコピーしました